基礎化粧品を使用して肌に潤いを戻す~40代から始める肌ケア~

レディー

肌の衰え対策のコスメ

メイク

乾燥対策の強化が必要

40代になると肌の調子が悪い感じられることが多くなってきます。この頃から閉経に向けてホルモンバランスが乱れはじめるために、肌の衰えはこれまでの変化より激しくなってしまうのです。女性ホルモンは肌のハリなど美しさを保ってくれる働きをしています。そのためこれらが減少することで今までとは違った化粧品を選んで、肌のお手入れをする必要があるのです。40代になって大きく変わる肌の変化に乾燥があります。女性ホルモンであるエストロゲンが減ると、肌の水分保持成分が減少するといわれています。そのため乾燥対策ができる成分を配合している化粧品を選ぶ必要があります。これにはセラミド配合の化粧品などが挙げられます。ただし、セラミドは細胞間脂質であり、この成分は水溶性ではないため、化粧水よりも美容液や乳液といった油分が含まれたもので取るとよいと考えられています。

ハリを保つことも大切

またエストロゲンはコラーゲンの生成を高める効果もあります。40代からこのホルモンは減少するためコラーゲンが減ることで肌のハリも減少してしまいます。肌のハリを保つにはコラーゲンを増やす成分を配合している化粧品が望まれます。しかしコラーゲンは分子量が大きく真皮層まで浸透しません。そこでコラーゲンを作ってくれる繊維芽細胞を活性化させてコラーゲンを増やすようにします。繊維芽細胞の作用を促してくれる成分はビタミンCやレチノールなどがあります。ビタミンCは酸化されやすいので誘導型ビタミンCが望ましくなります。他には肌の老化を予防・改善できる成分を取り入れることも大切です。老化の原因の1つは酸化といわれています。ですからビタミンCやフラーレンといった抗酸化力が高い成分が配合された化粧品が40代には適しているといえます。