基礎化粧品を使用して肌に潤いを戻す~40代から始める肌ケア~

レディー

女性ホルモンと化粧品

美容液

女性ホルモンの重要性

40代になるとお肌の曲がり角に直面すると言われています。実際にどうなのかはわかりませんが、きちんと肌の対策をする必要性が出てくるのは40代になってからです。具体的に言うと、40代になると乾燥肌になりやすくなります。この原因は何かというと、女性ホルモンの減少が大きな理由です。実は女性ホルモンの分泌量が大幅に減るのが40代なのです。女性ホルモンが減少すると肌の水分を保持することができにくくなります。若い人でも生理中に肌が荒れやすくなることを経験している人は多いです。あるいは、恋愛をしているときは肌が綺麗になることが多いです。こうした例はすべて女性ホルモンが関わっていて、女性ホルモンに含まれているエストロゲンの過多が原因です。

化粧品対策

エストロゲンは肌の成分を保持するのに役立っている成分であり、これが少なくなると肌の皮脂の量も大きく減少します。また、紫外線などの外部からの刺激にも極端に弱くなります。こうして乾燥肌になりやすくなってシミの原因を作ることになるのです。そのため、40代になると基礎化粧品を使ってきちんとしたケアをしなければいけません。それでは、どのような基礎化粧品がお勧めかというと、保湿化粧品が挙げられます。基礎化粧品の力を借りて保湿力を落とさないようにします。また、セラミドが配合されている基礎化粧品も有効です。セラミドは紫外線などの外部からの影響を守ってくれるバリアを形成してくれるのです。このような有効成分が入っている化粧品を使うようにしましょう。