基礎化粧品を使用して肌に潤いを戻す~40代から始める肌ケア~

化粧水

女性ホルモンと化粧品

美容液

40代になると肌が乾燥しやすくなりますが、その原因は女性ホルモンの減少です。この減少を抑えるためには、基礎化粧品を使うことが重要になってきます。具体的には、水分の保湿力を高める保湿化粧品やセラミドが含有されている基礎化粧品がおすすめです。

View Detail

衰えにくい肌に

化粧水

ターンオーバーの促進

ターンオーバーとは新しい肌細胞が作られることで、古い肌細胞が除去されることです。これがスムーズにおこなわれていれば、生成された美容成分によって、肌はハリや潤いのある状態を維持しやすくなります。また、ニキビができてもメラニン色素が沈着しても、古い肌細胞が除去されれば、それらも一緒に消えていくことになります。つまり、肌トラブルが長引かないということです。しかし40代頃になると、このターンオーバーのペースが急激にダウンしてきます。それにより美容成分が不足したり、肌トラブルが長引いたりするようになるのですが、それを回避するために使われているのが、基礎化粧品です。40代向けの基礎化粧品には、ターンオーバーを促す成分が配合されていることが多いです。そのため使用することで、ターンオーバーのペースダウンによる肌の衰えを防ぐことができるのです。

衰えを食い止めるケア

40代向けの基礎化粧品に特によく配合されているのは、プラセンタエキスです。これは、動物の体内で受精卵の成長に使われているエネルギーです。受精卵は細胞分裂によって成長していくので、プラセンタエキスを肌に与えれば、肌でも細胞分裂が活発におこなわれるようになります。つまり新しい肌細胞がどんどん作られるようになるわけです。また、細胞を作り出す幹細胞自体を肌に与えることのできる、幹細胞化粧品というものもあります。50代や60代になると、肌はさらに衰えやすくなります。しかし40代のうちに、こういった基礎化粧品でしっかりとケアをしておくと、それを食い止めることが可能になるのです。現在では高齢になっても長く生きることが可能になっているため、肌が衰え始める40代でのケアは、一層重要視されていくと予想されています。

肌の衰え対策のコスメ

メイク

40代から女性ホルモンが減少することで肌の衰えが大きくなっていきます。主な衰えは乾燥と肌のハリが失われることです。そのため乾燥対策のとれる成分やコラーゲンを合成するような成分を配合した化粧品が40代には適しているとされています。

View Detail

保湿が重要な世代です

顔の手入れ

40代のスキンケアのポイントは高保湿であることです。女性ホルモンの分泌の低下などから乾燥肌が目立ち始め、老化現象も進む世代です。このため、40代向けの化粧品を取り入れることが大切です。今まで使用していた化粧品もあっているのかを見直すことも重要になります。

View Detail